serara

住宅は初期コストだけではなく生涯のコストで考えましょう

住宅のコストはトータルコストで決まります

人生100年の時代だからこそ大切な維持費
平均寿命推移

医療の発達に伴い、平均寿命は伸び続けています。
毎月必ず必要になる光熱費だけで見ても従来の住宅でとレンガの家では1,000万単位での差がつきます。

従来の住宅の平均寿命は25年です。その為、25年後には建て替え費用が発生します。
果たして老後の年金生活の中でそれだけ多くの費用を負担することができるでしょうか?

リフォーム

35歳で30年ローンで家を購入した場合、払い終えるのは65才になります。
従来の日本の住宅ではローンを払い終えたと同時に建て替えが必要になり、
最低でも2,000万円程度が必要になります。
お金が必要なのに収入が減る老後にこのような状態では決して幸せな生活は送れません。
だからこそ、レンガの家は100年安心して暮らせる家を目指し、
二重気密・二重断熱・二重遮熱の高性能住宅となっているのです。

レンガの家は高くないとお客様にもお墨付きをいただきました!

光熱費

断熱性能・気密性が低い従来の住宅でレンガの家と同じような快適な暮らし方をしようとすると
およそ月に2万円の差、35年間にすると840万円の差が出ます。

従来の住宅

外壁がレンガの場合、外壁の塗り替え費用は一切かかりません。
自然による経年変化がより魅力的な美しさを醸し出します。

従来の住宅、高性能住宅

従来の住宅に65年間住むと、軽く新しい家が一軒買えるほどの差額(5,510万円)が発生。
レンガの家を30代~40代のうちに手に入れておけば、
6,000万円ほどの積立貯金をしているのと同じ
ことになります。

  • 家づくりを真剣に考えはじめた方に読んでほしい 失敗しない家づくりのための考え方がつまった
    書籍を無料でお送りしています。
  • 書籍プレゼントに申し込む

serara
〒234-0054
横浜市港南区港南台4-27-10

copyright 2015 横浜市を中心に神奈川県全域と東京都南部でレンガの家を建てるならせらら工房 All Rights Reserved.