資料請求 来場ご予約 イベント情報

家が寿命にどう関係しているか、知っていますか?

その答えは「冷え」にあります。冷えは万病の元と言われていますが、実際に「がん」「脳血管障害」「心疾患」など、
多くの病気の根源に冷えがあるのではないかと注目されています。

なぜ年をとると、冷えるのでしょうか?

人間の体は20歳前後で筋肉量がピークに達し、何もしないと筋肉量が減り続け、免疫力と基礎代謝が下がってしまいます。体温が1度下がると免疫力が30%、基礎代謝は12%もダウンすると言われています。

体温が低いことは体内の殺菌に対する抵抗力が落ちることにつながり、腸の中に悪玉菌や有害菌が増えてしまうので、いろいろな病気や感染症の原因になると言われています。

筋横断面積(筋肉量)グラフ

このような万病のもとである「冷え」は健康の天敵です。

だからこそ、冷えない環境を作る必要があります。
あったか〜く暮らすことができるレンガの家が、健康に気をつけているお客様に選ばれる一番の理由なのです。

住環境が体温にそこまで影響があるの?

住環境が体温にそこまで影響を与えるかどうか疑問を持たれる方が多いです。
ただ思い出していただきたいのです。冬の夜に、トイレに行くのが億劫になりませんか?あたたかいお風呂に入る前の脱衣所が億劫ではないですか?従来の住宅では寒暖の差が激しく知らず知らずの間に身体に負担をかけているのです。

人間は体温調節が下手?

人間の身体は暑さにはある程度対応ができます。
体温計は上は42度までありますが、下は35度までしかありませんよね?
それがどういう事か…単純に35度以下の場合、命の危険があるためです。

体温別に及ぼす影響

冷えは万病の元?冷えが原因で起こる体調の不良

めまい、頭痛、クマ、肩こり、腹痛、耳鳴り、赤ら顔、動悸、息切れ、あざができやすい、
生理痛、生理不順、痔、大便の色が黒い、匂いがきつい、むくみ…
以上のような症状は実は冷えが原因かもしれません。冷えを放置しておくと体調不良にとどまらず、
三大疾病などの大病に発展する可能性がグンと上がります。

病気にならないためにも、病気を治すためにも、体温を下げないことがとても大切です。

冷えによって基礎代謝も下がってしまいます。基礎代謝が下がると更に太りやすい体質となり、同じ食事内容や運動をしていても、いつの間にか体重が増えてしまうことになります。肥満、糖尿病になる可能性が増えます。

逆に、体温を1度上げると免疫力は5~6倍、基礎代謝も同時に13~15%上がると言われています。体温が上がると、血液もスムーズに流れるようになります。
血液の動きは身体中の細胞に栄養素や酸素を送り、老廃物を排出することです。
血液がきちんと順調に流れていることで身体の中の細胞がイキイキとして、免疫細胞も活動的になるので免疫力を高めることができるのです。

三大疾患の死亡率は55%

だからこそ私たちは30年以上、暖かい家を作り続けお客様の健康を守ってきました。

大切な家族が100年以上も安心して健康に暮らすことができる空間こそ、私たちが家に求めるものなのです。
私たちが作る赤レンガの家は私たちが何十年とかけて追求してきた高気密・高断熱住宅の最終形態です。