資料請求 来場ご予約 イベント情報

時代の変遷

昨日 赤坂に聳え立つ赤坂プリンスホテル閉店のニュースが目に留まりました。
赤プリと言えば、 私たちの青春真っ只中の時代には、 トレンドの代名詞のような
ホテルでした。 そのホテルが老朽化外資系ホテルに押されて
ついに赤坂から消えることになったのです。
「赤プリ」老朽化 来年3月に閉館
4月29日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
 西武ホールディングスは28日、系列のプリンスホテルが運営し、「赤プリ」の愛称で親しまれている「グランドプリンスホテル赤坂」(東京都千代田区)の営業を、2011年3月31日で終了すると発表した。
 同社は、営業終了について、ホテルの老朽化による競争力低下を挙げ、跡地については、商業施設やオフィスビル、人気の外資系ホテルに対抗する新たな高級ホテルへの再開発など、「さまざまな検討をしていく」方針だ。
 同ホテルは、地上40階の新館、同6階の別館、同2階の旧館と宴会場がある。もっとも古い旧館は1955年の開業で、歴史的建造物として保存することも検討する。

確かに、 東京で昔あこがれのホテルは今本当にひどい有様のような気が致します。
新宿京王プラザも、 以前は高級で、若者が出入りできるようなホテルではありませんでした。
でも 今は 部屋も老朽化し、 海外旅行者で賑わい、 その価値は下がっているように見えます。
その一方で、 海を渡ってきた外資系ホテルはどうでしょうか?
実は 近代ホームグループが昨年新装開店した内装とそっくりなホテルが都内にあります。



室内側も?

打ち合わせ時には、 2階洗面室トイレのドアの 透明なガラスの鮮度具合はどれくらいが
いいのか かなり討議しました。




洗練された打ち合わせルーム

いかがでしょうか? 洗練された外資系のホテルのイメージを再現してみました。
昔は工務店といえば、 重たい、ダサい、固い、暗いというイメージだとは思いますが
時代の変化に敏感に動くのが私たちのグループです。 ぜひ一度ご覧ください。
お待ちしております。