資料請求 来場ご予約 イベント情報

地震その2

大地震発生より二日 被災地での大変な状況がだんだん明らかになり驚きを
隠せません。
被災地の皆さま 心からお見舞い申し上げます。 心を強く持って!! 
私たちも微力ではありあますが、できることを少なからずしていきたいと思います。
本日から東京電力の計画停電対策が始まりました。
私の最寄の駅 港南台駅では、 「本日臨時運休」という張り紙がしてあり
根岸線全線がストップでした。 思ったより人だかりは少なく、 それぞれに
この非常事態に供えているような感じがしました。
昨日の夜も地震がありましたが、 この3日間余震が続いています。
自然災害においては人間の力も無力です。
余震が続くとどうなるでしょうか? 木造住宅での地震対策は、 筋かいと
構造用合板、 そして 金物補強です。 大きな地震でも地震対策をすれば
建物は守られます。 つくばの土木研究所の地震実験でもその地震力の
50%~60%を吸収しているという実験結果がでています。



この写真は 実験棟の内部です。 色んな配線が無数設置されていました。 そして
どんな揺れであったのか、 グラフで観察するのです。



今回の実験でわかった もう一つの事とは、
レンガ積みの家は木造の構造躯体に負担をかけない。
レンガが構造体として地震の力を50%~60%吸収している。
というこの二つです。 レンガ積みが構造体として、しっかりと建物を守っていました。

ということは、 何度も何度もやってくる余震!! 見えない部分で木造部分に力を加えており、
非常に負担がかかっています。 その負担がれんがの家でどれくらい軽減されるのか?
おそらく余震回数が増えれば増えるほど、優しく木造を守ってくれるのがれんがの家なのです。