資料請求 来場ご予約 イベント情報
イベント 来場予約 資料請求 電話をかける

住宅の原点が変わった

この秋から 大手ハウスメーカーの打ち出しが大きく変わりました。
10月のプレハブ新聞を見ると
 最新技術を駆使、 創エネルギー・省エネの効率高める
との大見出しで、各社の製品がラインアップしている。
安心・安全 できる防災住宅実現として
 積水ハウスでは世界初の3電池搭載住宅として大きく売り出しをしている。
 
  太陽光発電、 燃料電池、 蓄電池の3点セットだ。
 大和ハウスでも リチウムイオンの蓄電池搭載のオリジナル・スマ・エコハウスを発売している。
やはり、この3月の震災は人々の心に大きく影響したのはいうまでもない。
今 被災地の方はどうされているのか?というと、 仮設住宅は体育館のように寒く底冷えが
して、暖房をつけると結露で雨漏りのようになるという話も聞きました。
まさにこの寒い冬、外と同じような体感ではこごえてしまいます。 どんなに地震に強い家を
つくっても、 どんなに自家発電の創エネルギー住宅をつくっても それだけでは決して
安心できません。 
過酷な気候から身を守る断熱性の高いほんものの住宅でないと命はまもれません。
先日お引き渡ししたお客様が つくづくおっしゃっておられました。 12月になり、急に寒く
なってきましたが、 思った以上に本当に暖かくレンガの家を建てて良かったと……
また昨年お引き渡ししたお客様も以前の家とはまったく違う!! この包み込まれるような
暖かさが本当にありがたい!! と。
その言葉を聞くたびに、 みせかけだけの住宅でなくお客様が本当に満足する家を
できるだけたくさんの人に知っていただき、 そして住んでいただきたいと心の底から
そう思います。
今月 20日  創業者の本が発売されます。
  「住まいの原点」
こうご期待です。