資料請求 来場ご予約 イベント情報

今年一年間どうもありがとうございました。

本日をもって せらら工房の営業は今年最後の日となりました。
振り返れば 今年の始めより責任者となり、 走り続けてきた1年間でした。
昨年のリーマンショックで、 お客様の脚も遠のき様子見という年明けに
始まり、 4月には本来入社を控えさせたほうがいいのではと迷いながらも
約束は裏切れないと新しいスタッフを迎えました。 その一方で ECO元年とも
いわれ建築業界においても 「省エネ改正法」 「長期優良住宅普及促進法」
「住宅瑕疵担保責任保険法」 と住宅をとりまく環境は省エネ、エコに傾いて
まいりました。 私たちグループは創業者松本が掲げた「100年健康住宅」
一筋20年間の貯金があります。 失敗を経験し、 それを技術改善に結びつけ
少しづつではありますが、 本当の長期にわたって安心で安全に しかも快適に
住める家造りをお客様に提供してまいりました。 それがようやく世間や社会に
そういった住宅の必要性が認められたという画期的な年でもありました。
苦しいとき、 大変なときに ささえて下さった社員や職人さん、 そしてお客様
本当にありがとうございました。 4月入社の新入社員も 一生懸命に汗を
流してくれた1年間だったと思います。 本日の研修メールを一部紹介いたします。
『お疲れ様です。
本日の業務報告をさせていただきます。
午前中はこれまでの接客の中での反省をしました。特に自分の中で悔しかったことは、
お客様と医者と患者の関係が出来なかったことでした。
本当に大切なものは何かを伝えきれなかったのが原因だと思います。
大切なことをわかっていない状態でどんどん進んでいってしまうと、今回のような結果に
なってしまうことを体験できたので、凄く良い体験が出来たと思います。
“失敗しなければ成長しない 失敗を恐れるな”とあるように失敗から学ぶことは、
とてもあります。成功するまでに何度も何度も失敗を繰り返し、
その結果として成功があるのだと思います。しかし、失敗したから悔しいと
思っているだけでは成長はできません。次に失敗しないためにどうしたらいいかを
考えて行動していかなくてはいけないと思います。
失敗は成功の布石だと思い、失敗からいろいろと学んでいきます。
午後からは環境整備に行ってきました。
K様の現場に行った際、たまたま来ていたK様がいてお話する機会がありました。
近代ホームを知ったきっかけは、K様の友人が
「もし建てるとしたらここって会社があるんだけど・・・」ということでした。
そこで気になってフリーで来場された際に、柴田さんが接客をし、心を掴んだそうです。
社員が自分たちの建物に自信を持っているところが良いと聞き、
正しくその通りだなという印象を受けました。
最近ではいろいろなお施主様から「良い会社に入社できたね」と言われます。
自分でも誇れる会社なので、二つ返事で「そうなんです」と言ってしまいます。
大工さんの腕が良く、ずっと見ていたいとの事で実家に帰るのをやめたそうです。
出来上がる前から満足しているのは、近代ホーム以外では無い事だと思います。
私もこのようなお客様を増やせるように、日々努力していきます。』

会長と毎日かわしている研修メールですが、 10ヶ月たち、 素直な気持で素朴なことを
表現できる心のきれいさには私自身もとても刺激を受け勉強になっております。
もしかしたら縁がなかったかもしれない子供たちです。 だからこそ 本当にうれしく思う
のです。 小善は大善に似たり、 大善は非情に似たり と創業者松本はよく申しており
ますが、 うれしいときには素直にうれしいと表現し、 悪いことをした時には本気で叱る
そして喜びを素直に分かち合い、 来年もお客様を裏切らない家づくりに邁進していきたいと
思います。 本当に1年間どうもありがとうございました。 良いおとしをお迎えください。
来年もどうぞご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。
(株) せ ら ら 工 房
岡 山 真 弓