資料請求 来場ご予約 イベント情報

住宅エコポイント 最長1年延長へ

毎日猛暑が続いておりますが、 そんな異常気象の中 国土交通省方針
住宅エコポイント 最長1年延長
の記事が目に入ってきました。
『国土交通省は省エネにつながる住宅の新築・改修時に商品と交換できるポイントをもらえる
住宅エコポイント制度について、12月末までの適用期間を最長で1年延長する方針だ。
足元の景気は回復傾向にあるが、先行きは慎重な見方が根強く、 引き続き住宅市場の
活性化と消費喚起が必要だと判断した。 温暖化対策を強化する狙いもある。 』
正直、 この暑さは尋常ではない。 私の住んでいる家は 築35年の木造住宅。屋根裏に
入るとせんべい布団のような薄くなったグラスウールが敷き詰めてあり、 毎朝四時ごろに
なると暑さで目が覚める毎日です。
100年健康住宅に住んでいるお客様は、 皆様
「えー 昨日 熱帯夜だったの? 私 全然わからなかった。 」 という言葉を心の中でつぶやくの
とおっしゃいます。 そういう意味では近所の会話についていけない時があると
うれしいお言葉も数たくさん頂いております。
また お客様の電気代等のデーターを拝見いたしますと、なんと夏がみなさんすごいです。
やはり、 7センチのレンガ遮熱材であるSSSシートの威力
すごいものがある。 軒並みの電気代が、 オール電化住宅で10,000をきっている。
これこそ、 地球温暖化に貢献しているのではないでしょうか?
あまりの暑さに 数年前の空調を自重してください との声は聞かれない。 それは熱中症で
かけこむ人も多いからだと思う。 熱中症も家のつくり一つで解決できること これから家づくりを
考えているお客様にはぜひ知っていただきたいと心からそう思います。
100年健康住宅創業者松本の想いがすべてこの言葉にいいつくされています。
人も建物も 100歳まで健康に 家は家族を幸せにする箱である と
私はその想いを全力で継承していきます。