資料請求 来場ご予約 イベント情報
イベント 来場予約 資料請求 電話をかける

国立西洋美術館 #たば散歩

先日、上野の国立西洋美術館で開催されている

「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ-ピュリスムの時代」を見に行ってきました。

ル・コルビュジエ(本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ)は、

フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」として知られています。

この国立西洋美術館本館の設計も手掛けていて、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されています。

ル・コルビュジエの有名建築物といえば、サヴォワ邸(1928-31年)が有名ですよね!

ウィキペディア(Wikipedia)より

ピロティ、屋上庭園、平面的な壁面、独立骨組みによる水平連続窓などが特徴的です。

(建築士の試験にもよく出てきます!)

 

 

この展覧会では、ル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点や、

建築模型、出版物、映像など、その歴史や背景が知れる資料が多数展示してありました。

当時、装飾過多だった建築文化とは異なる、合理性をモットーにした、モダニズム建築を提唱していました。

 

 

芸術家でもあり建築家でもあるル・コルビュジエの思念を感じることができる展覧会でした。

 

ちなみに、コルビュジエの有名な言葉に「住宅は住むための機械」というものがあります。

建築には機能が備わっている必要がある。住むことができない住宅は住宅ではない・・・ということだと思います。

美も機能も追求していくことで新しい価値を生み出す、という考えは、

私達の追及している「レンガ積みの家」にも通ずるものがあると思いました。

 

——————

株式会社せらら工房

神奈川・横浜・東京で本物のレンガ・ブリックで建てる一戸建て・注文住宅はせらら工房へ。

お問合せ電話番号:045-833-2644

Mail:serara@100kj.co.jp

——————

>>せらら工房公式ホームページはこちら

>>せらら工房公式facebookはこちら

Marketing Division T.Tabata.