資料請求 来場ご予約 イベント情報

「創エネルギー」を導入した、
ZEHの暮らしに注目が集まっています。

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

ゼロエネルギー住宅=ZEH

政府目標

住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を
標準的な新築住宅とすることを目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指します。

ZEH普及に向けた国のロードマップ

※補助金は16年いっぱい。延長しても限定的で18年度までの予定です。

レンガ積みの家は、永く快適に住めるゼロエネルギー住宅

通常のZEH (ゼロエネルギーハウス)が陥る落とし穴

エネルギー省消費を抑えるため、多くの設備機器に頼ります。莫大な設備投資をかけ、永く住むことができない住宅が果たして本当にエコなのでしょうか。住宅性能が十分でないため、窓やLDKの大きさも制限されてしまいます。

せらら工房のレンガ積みの家なら

家全体の蓄熱するから、少ないエネルギーで快適空間を実現できます。
断熱性を気密性も優れているからこそ100年安心して住める、自由設計ゼロ・エネルギー住宅です。

せらら工房のZEH住宅販売・建築目標

販売目標

2030年度までには全棟標準化に向けて、
多くのZEH住宅を建築していきます

建築目標

2030年度までには全棟標準化に向けて、
多くのZEH住宅を建築していきます。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH割合目標 5% 15% 25% 40% 50%
ZEN実績 10% 19% 20%

※2018年度 BELS表示割当100%