資料請求 来場ご予約 イベント情報
イベント 来場予約 資料請求 電話をかける

台風対策と事前の備えについて

週末に関東エリアに直撃する可能性が高くなっている台風19号。

今年最大の台風とも言われており、弊社の住まい手さんからも対策についてのお問い合わせをいただいております。

被害を最小限に食い止めるためにも、台風への対策と事前の備えについてお知らせします。

 

 

<事前の準備>

・自治体のハザードマップをインターネット等で確認しておく。自宅が範囲に入っているのか確認する。

・断水に備えて、浴槽やバケツなどに水を貯めておく。

・充電できるものには充電しておく。

・水、電池、食糧のストックをしておく。ガスが止まることもあります。カセットコンロ、カセットガスもストックがあると安心です。

・停電の際に慌てないように、懐中電灯など分かりやすい場所に出して置く。

・電気が通じていないと当然ながらTVやインターネットは使えません。携帯も通じない可能性があります。情報はラジオが頼りになることもあります。ラジオを聞くことが出来るか確認をしておく。電池切れに注意。

・火災保険内容を確認。風災、水災に対しての補償がされているか?

・建物の周りで不具合が無いか確認。雨どいや外壁が外れそうになっていたら、すぐに連絡ください。事前に外しておくだけでも被害が少なくなります。

・家の車のガソリンは、満タンにしておく。

・雨戸やシャッターがある場合は閉める。鍵もかける。

・外部の風で飛びそうなもの(日除けタープ、よしず、すだれ、物干し竿、植木鉢、ガーデニング用品、ガーデン用品など)は、内部に取り込むか、下に下ろし、風で飛ばないようにする。自転車が飛んでいってしまう場合もあります。自転車にもロープをかけるなど対策する。

・窓のカギをかける。突風で窓が開いてしまう可能性もあります。一か所でも窓がが開いてしまうと、建物内に急激な圧力差が生じて、他のガラスが吹き飛ぶ可能性もあります。

・水災の恐れのある地域の場合は、大事なものを2階に移動させておく。浸水は一気に水位が変わる場合があります。浸水し始めてからでは間に合わない可能性があります。

・避難勧告が出たら、暴風に入る前に迷わず避難。暴風に入ってしまっていたら、家の中で安全と思われる場所で通過を待つ。土砂災害や浸水の恐れのある場合は2階、暴風の危険のある場合は1階中央または風下側。

 

 

<台風通過中>

・もし被害が出ても、暴風時間には外には出ない。大きなトタン屋根が飛んでくることもあります。命が大事です。

・暴風時間内に窓や扉を絶対に開けない。様子を見ようと窓や扉を開けてしまうと、圧力差で窓や扉が吹き飛びます。

 

【停電時の各設備について(ホームオーナー様向け)】

災害時ハンドブック PDF(太陽光・エコキュート・癒しほっとパネル・24時間換気について)

 

 

<台風通過後>

・もし被害が確認出来たら、写真を撮って、メールしてください。電話は通じない可能性があります。

・緊急性の高いところから順に対応いたします。その後は申込順となります。数日間はインフラが通じない、道路が通行できないなどでご連絡が出来ない可能性もあります。

・火災保険会社に被害状況を連絡。なかなか連絡がつかない可能性が高いです。被害の状況写真が残っていれば、大丈夫なので慌てない。

・被害状況を極力多く写真を撮る。全景、中景、近景などいろいろ撮っておく。周辺(ご近所)の様子も撮っておく。室内に被害がある場合は、家財も補償されますので、写真を撮っておく。

 

長くなりましたが、「備えあれば憂いなし」です。

最善の準備をお願いいたします。

 

——————

株式会社せらら工房

神奈川・横浜・東京で本物のレンガ・ブリックで建てる一戸建て・注文住宅はせらら工房へ。

お問合せ電話番号:045-833-2644

Mail:serara@100kj.co.jp

——————

>>せらら工房公式ホームページはこちら

>>せらら工房公式facebookはこちら

Marketing Division T.Tabata.

【公式】せらら工房・ニュース